大人ニキビ跡を治す方法

大人ニキビ

成人になるにつれてニキビができにくくなるというのをよく聞く。
現に、私も20歳を超えたあたりから、ニキビというものは全くできなくなった。
色々調べていくと、どうやらホルモンに関連があるらしい。

 

しかし、私の友人ように、未だにニキビが治らないと言って嘆いている者もいる。
友人曰く、今までは新しくニキビができたら、徹底的に潰していったらしい。
それが最良の策だと思っていたみたいだ。
そしてその結果、痕は残るわ、またニキビができるわで、今でも結構苦労しているらしい。

 

私の場合、ニキビを潰すと痕が残ると聞いたことがあったので(嘘か本当かはわからないが)、潰したことはない。
そのため、直接的な関係があるのかどうかはわからない。
が、20歳を超えてニキビができる人はそうはいないように思える。
個人的な主観かも知れないが。
そのため、もしかしたらその対処法に問題があったのかもしれない。

 

しかし、大人になってもニキビができるというのは、ある意味ではいいことなのかもしれない。
というのも、肌が若い証拠だとも言えるから。
もちろん、本人からすると、ただごとではないのかもしれないが。
私が20歳くらいの時に、勤めていたバイトの先輩にこんなことを言われたことがある。
「ニキビが出来てうらやましい」と。


大人ニキビをケアしよう

ニキビは一般的に思春期の症状と思われていますが、大人になってからニキビが出来るようになってしまい、困っている人は多いようです。
大人ニキビの主な原因としてはターンオーバーの能力の低下と言うことが考えられます。

 

10代、思春期の時に比べて、肌の再生能力が落ちているということです。
ストレスによるホルモンバランスの変化も要因として挙げることが出来るでしょう。

 

人間はストレスを継続的に感じ続けると男性ホルモンの分泌量が増えます。
これは女性であっても同じです。

 

その男性ホルモンは皮脂の分泌を多くする働きがあるので、毛穴が皮脂を排出しきれなくなり、詰まることで炎症を起こすというものです。

 

またストレスが溜まると胃腸の調子が悪くなる人も多いと思いますが。
胃腸とニキビには関連があるようです。
ストレスによって腸の働きが弱まり、老廃物を排出する機能が衰えてしまうと言うことが言われています。

 

また、腸内にいる消化や排泄を助ける細菌は脳等の神経系に影響を与えているということもわかってきました。
腸内細菌の少ない人ではストレスに対する耐性が低いことが実験によって解ってきたのです。
以上のことから大人ニキビをケアする際にはストレスと腸に注意してみるとよいでしょう。


簡単にできるニキビケア

ニキビに困っている人、ケアをしたい人は多いと思いますが、まず何から手を付けていいのか分からない人も多いのではないでしょうか。
そんな方はまずビタミンCを通常よりも多めに、意識的に摂取することを心がけてはいかがでしょうか。
ビタミンCには過剰な皮脂の分泌を抑える働きがあります。

 

ニキビとはその皮脂が詰まることで炎症が起こるという症状ですので、必然的にニキビの発生を抑えることに繋がります。また、ビタミンCには抗炎作用、つまり出来てしまった炎症に働きかけ、抵抗する働きもあります。さらにコラーゲン生成を促進する働きもあり、それによって皮膚の再生を助け、ニキビ跡の治癒にも効果があると言われています。ビタミンCは食品に含まれやすく、摂取することが簡単である反面、体の外に排出されやすく、それ故に毎日野菜やレモン等を摂っている人でも不足しやすいのです。

 

ですので、ビタミンCの摂取にはサプリメントを活用するのがよいでしょう。飲む際のポイントは、前述のとおり、ビタミンCは体外に排出されやすいので、規定の分量を一気に飲むのではなく、一日のうちに小分けして数回に分けて飲むということです。また同じビタミンCサプリメントであってもそれがどのくらいの量含まれているのかには違いがありますので、買う際には注意してあまり少ないものは選ばないようにしましょう。

 

また、塗り薬を探している人は、評判の良いリプロスキンを利用するのが賢いと思います。
通販情報はここがいいでしょう。

 

リプロスキン楽天の最安値と口コミ特集!


ニキビ洗顔の注意点

ニキビのある人は、洗顔の際にもそうでない人とは別にいくつか注意すべき点があることはご存知でしょうか。
ここではニキビのある人の洗顔ケアのポイントをおさらいしたいと思います。
まず、ニキビを悪化させないために第一に考えねばならないことは、皮膚を必要以上に刺激しないということです。
そのためにはまず洗顔料をよく泡立てるようにしましょう。
ドラッグストアやネット通販を利用すると、数百円程度で洗顔ネットを手に入れることができます。
洗顔フォームや石鹸は必ずこれを使ってよく泡立てるようにして下さい。

 

 

洗顔ネット使ってみると、まず多くの人はその泡立ちの良さに驚かれると思います。
手で泡立てるのとは全く違う。
モコモコとしたボリュームのある泡が出来るのです。
次に洗うときには決して手や指が顔に触れないように注意し、泡のみで洗顔することを心がけましょう。
そしてなんといっても重要なのはすすぎです。
ぬるま湯で、しっかりと洗顔料を落とすようにしましょう。
この際も皮膚を必要以上に擦らないということに注意しましょう。
最後に洗顔のし過ぎにも注意しましょう。
洗顔のし過ぎは皮膚にとって必要な皮脂や角質を取ってしまうことになり、内側の出来たばかりの弱い皮膚が露出してしまうからです。
洗顔は一日朝晩の二回、もしくは一回程度にしましょう。